借金の返済に借金をする

長く生きていると、持ち金以上の支払が発生した。しかし手元に資金はない。でも親戚や友人には恥ずかしいので知られたくない、そんな状態で、カードキャッシングを利用して、借りる人がいますが、それはそれで仕方ありません。なんせ、簡単に現金が手には入りますし、秘密にすることもできます。

注意しなければならないことは、銀行の5~10倍にもなる高金利が待っています。一旦利用してしまえば慣れてしまうので、将来に禍根を残すかもしれません。それに、契約通りに返済できるよう、さらに別のサラ金から借りてくる借金の連続で借金が膨れ上がります。次に段階が闇金からの借金です。

しかし、彼らだけからは借りてはいけません。

よく知られる金融業者と闇金融とはどう違うの。違いを言えば、法律の上限利率を超える金利で貸し付けている者、貸金業を営んでいるにも関わらず登録していない業者を、闇金と呼びます。そして、登録されている貸金業者でも決められた金利を超えて貸し付けすれば闇金融業者となります。

前から高利貸しの象徴として「トイチ」の金利、わかり易くいえば、10日間借りたら1割もの利息を支払うものです。恐ろしいことに、それを現在の闇金に置き換えれば、以前の2倍、年利720%を超える高金利になっています。つまり、年利1080%のトサン(10日で3割)なら、10万円を借りれば1年間の利息は、驚くことなかれ、信じられないですが108万円にもなる驚くべき金額になります。どうみても返済できるわけありません。

返済が遅延すると、闇金業者のひつこく厳しい取立てが始まります。いつの時間でも、何十回も督促電話をかけたり、自宅や、あろうことか勤務先にまで現れ、大きな声で取立てをしようとします。
この前に言ったように、ヤミ金業者による違法な高金利の徴収と、容赦ない取り立により、生活そのものを根こそぎ壊しますので、サラ金などから借りれない場合でも、決して裏金融を利用すべきではありません。

闇金の被害とは