闇金被害を防ぐには

闇金融と一般の金融機関との大きな違いの一つがその貸金回収方法です。
違法な存在のヤミ金は正規の金融機関のように取立規制を守りません。よって借りたお金を返せなくなると法律で禁止されている家の扉の前に張り紙を張ったり、大声で金を返せと叫んだりします。他にも色々な取立て方法がありますが、いずれにしても債務者を精神的に追い込むもので、もちろん違法行為に当たります。

ヤミ金の取立は、親や兄弟、職場にノイローゼになるほど電話するケースが多く、友人関係まで巻き込む場合もあります。また、勝手に出前を注文したり、救急車を呼んだりするなどの嫌がらせもしてきます。ただ、そうした嫌がらせは、警察に相談されることが多いので主流は朝から晩まで電話をかけまくるというのが一番多い取立て方法です。

闇金の取立は本人の返済能力がないと知ると、強引でも親や親戚や兄弟から回収しようとします。しかし、実際は、親や兄弟には借金の支払い義務はありませんから1円も払う必要はありません。

ヤミ金を利用する人は、多重債務や破産者が多く、闇金業者はブローカーから破産者や多重債務者のリストを購入しています。そのリストをもとにダイレクトメールや電話で集客します。
一般の金融機関から借入できない弱みがある人を対象に高金利で貸し付けるわけですね。

こうやって闇金被害が増幅していくのです。
これを断ち切るには闇金被害の専門家(弁護士・司法書士)に解決依頼をするのが一番早道です。

手持ち資金が無くても対応してくれる専門家もいますので相談してみましょう。