闇金との調整には弁護士が欠かせない

借金の清算にはちょっとした不都合もつきものです。
利用してしまうとクレジットカードなどの借り入れができなくなるのです。

つまり、お金を借り入れできない事態となってしまい、現金だけでショッピングをすることになってしまうのです。これは結構厄介なことです。借金を返すことができなさそうな場合、司法書士や弁護士に頼り、債務をなくしてもらったり、軽くしてもらう自己破産やヤミ金整理などの方法を選ぶことができます。
ヤミ金整理のうちでも、自宅などを維持しつつ借金を返す個人再生という手段もあります。

借金総額が減額しますが、マイホームローンの残額はありますので、留意してください。ヤミ金整理をした後、任意整理を話し合って決めた業者からの借り入れは不可能になります。

とはいえ、ヤミ金整理終了後、色々なところで借りたお金を全て返し終わったら、約5年から10年経てば、信用情報機関に記載された情報が消滅しますので、その後は借金することが不可能でなくなります。闇金清算をした場合、ブラックリストに名前を載せられ、その記録は、5年間残り、クレジットカードの審査を通ることは難しいと聞いた事があります。しかし、5年も経たないうちに作れている人たちもいます。

そのケースでは、借金を全て返済しているケースがほとんどになります。
信用が得られたら、クレカを作成することも可能です。お金なんて返さなかったらって友達にアドバイスされたけれど、それはできないと判断して債務を整理する事にしました。闇金清算すれば借金の額は小さくなりますし、どうにか返済していけるという結論に至ったからです。
Continue reading “闇金との調整には弁護士が欠かせない”

中小企業経営者たちの7人に1人が「闇金」を活用

実は、中小企業が多数存在する大阪の、大阪府庁の商工労働部・貸金業
対策課がてんてこ舞いなのです。

この部署の仕事は、貸金業者の指導監督や、借金に困っている人の相談、
に乗ることですが、いま急激に相談件数が伸びているのが「闇金に手を
出して返済に困っている」というもの。

相談内容は「月々おおよそ8万円くらい返済させられているんですね」
とか「返済できないと、どうなるのでしょうか」などなど・・・・

それらの相談件数がうなぎ上りに増えて、担当者の机のファイルが山よ
うに積まれる状況になっています。
Continue reading “中小企業経営者たちの7人に1人が「闇金」を活用”